パーソナリティ障害(以前は人格障害とか性格障害と呼ねれていましたが、否定的なニュアンスが強すぎるためにこの名称に変わったようです)は、大変診断がむつかしい障害です。軽度の場合であれば、周囲からも「ちょっと変わった人」で済まされてしまう場合だってあります。体の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)を診断する事を、手軽に検査をしてパーソナリティ障害(統合失調症などでも似た症状が現れ、他の精神疾患と併発することもあるので、診断はとても難しいといわれています)だと診断出来る病気ではないのです。まず、診断する場合、次の6項目から構成される全般的判断材料と照らし合わせてみます。 1.「認知(物事の受け止め方)」、「感情(自分である程度コントロールできるようになると、人間関係が楽になるでしょう)」、「対人関係(いつだって悩みの種やストレスの原因になりがちなものです)」、「衝動性のコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)」の中で、飛躍的偏った心や行動のパターンが2つ以上ある 2.その行動パターン(よく知っている人のものであれね、わかることもあるのではないでしょうか)に柔軟性がなく、生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)の広範囲にみられる 3.そのパターンによっては自分が悩んでいたり、周囲も悩ませたりしている 4.そのパターンが、小児期、青年期、成人早期と長年にわたって続いている 5.他の精神分裂症や感情(自分である程度コントロールできるようになると、人間関係が楽になるでしょう)障害等の精神疾患(遺伝的な要因が発症に影響することもあると考えられています)の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)ではない 6.薬物や脳器質性障害といった身体の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)の影響ではない 上記の項目について、本人や周りの方からも充分に時間をかけて話を聞きます。全てにその人の行動パターンが当てはまると、パーソナリティ障害(以前は人格障害とか性格障害と呼ねれていましたが、否定的なニュアンスが強すぎるためにこの名称に変わったようです)を疑う必要が出てくるのです。すると、次はパーソナリティ障害(以前は人格障害とか性格障害と呼ねれていましたが、否定的なニュアンスが強すぎるためにこの名称に変わったようです)の10にも渡るタイプのうち、どのタイプに属しているのかを診断する為、そのタイプごとの判断基準を元にして細かく特定していくのですよ。反対に、上記の6項目の全てを満たしていない場合には、パーソナリティ障害(DSMによる分類では、10種類のタイプをクラスタA・B・Cの3つにカテゴリ分けしています)ではない可能性も高いとなっているのです。例えば、二十台後半以降にその方の性格が変わったようなケースでは、他の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を疑ってみる必要があるかもしれませんー